マリンシューズの画像

夏のお出かけにオススメのキッズシューズ

2017年8月1日

夏とえいえば海、山、川と子供を連れて遊びにいく機会が増えます。海や川での遊びは普段できない体験なので、たくさん遊ばせてあげたいですよね?

気になるのがキッズシューズの選び方。裸足で遊ばせると石やガラスなどで怪我をしたり、高温になった砂浜で火傷したりとサンダルなどが必須アイテムになります。ですが子供の足はまだまだ成長段階で、ちょっとしたことでも躓いてしまったりします。

 

我が家でも、1歳からベビーサンダルを履かせて遊ばせてみたのですが、つまづいてしまったり、サンダルが変な形で脱げてしまったりと、これだ!と思うキッズシューズに出会うまで時間がかかりました。

子供にとっても、親にとっても思う存分水遊びができるオススメの靴選びをご紹介します。

 

サンダルの悪いところ

小さい子供のサンダルファッションはとても可愛いのですが、0〜5歳の子供はまだまだ足が小さく、サンダルだと躓くことが多々あります。

特につま先が覆われていないタイプのものは、遊んでいる最中に指先だけが脱げてしまうことがよくあります。

地面や階段などで靴のつま先が引っかかり、指先が出てしまう。幼児の足は特に小さいため、脱げやすくなっていると感じました。

 

ウォーターシューズのいいところ

ウォーターシューズの特徴はメッシュ生地で通気性、通水性がよく、つま先まで覆われているのが一般的です。何と言っても水陸両用は親にとって履き替えせる手間が減り、親のストレスも減ります。

 

先ほどのサンダルと比べてウォーターシューズは通常の靴と同じようにつま先までが覆われているため、変な形で靴が脱げることがありません。

ウォーターシューズの購入ポイント

普通の子供靴を買うときは、子供の足が成長するのを見越して、少し大きめのものを買ったりする場合がありますが、ウォーターシューズはジャストサイズを購入することをオススメします。

足にフィットしないウォーターシューズは水場ではさらに歩きにくくなるため、ピッタリサイズを購入するようにしましょう。子供の成長は早いので1シーズン使い切りと考えた方がいいです。

 

ウォーターシューズの使用ポイント:陸上で使用は靴下を履かせた方が○

ウォーターシューズは水陸両用なので、ついつい裸足で履かせてしまいます。裸足で歩きすぎると子供の足にマメができてしまいます。

私の子供も足のマメが潰れたとは知らずに、そのまま海に入りギャン泣きした過去があります。

水遊びする予定がなければ、できるだけ靴下を履かせた方が、マメができにくくなるのでオススメです。

 

オススメのウォーターシューズ

ニューバランスKA208

何と言ってもおすすめなのがニューバランスのウォーターシューズKA208です。

デザイン良し、性能よしで水遊びシーンだけでなく、普段使いもできるので、出費が多い主婦のみなさんの財布にも優しいです。

こちらの商品は4色のカラー展開、12cm~16.5cmから選ぶことができます。

 

女の子にもぴったりなパステルカラーもあります!

 

ange select キッズ メッシュ シューズ

スリッポンのような形で、サンダルよりも安心して履かせることができます。

カラーバリエーションは4つ、足のサイズは12.5cm~18cmまで。

何と言っても価格が安いのが助かるウォーターシューズです。

イフミー IFME ベビー ウォーターシューズ スニーカー

スリットのデザインが特徴的なおしゃれなウォーターシューズです。

この靴は横幅がゆったり目に作られているので、丁度のサイズで購入すると少し大きく感じるかも知れません。ですが、足首のマジックテープでしっかり固定できるので安心です。

この靴もお安くもとめれるので大変助かります。

 

以上、夏にオススメのウォーターシューズ特集でした。